よくわからない意地

もしかしたら私だけなのかもしれません。

でもどうしてもやめられないというか、譲れないというか、何だかもったいない気がしてしまうんです。

何かというと化粧です。例えば朝から晩まで出ていて、その間化粧をずっとしていて、帰ってきて化粧を落とすというのは当たり前です。夕方から出て夜遅くに帰ってきて化粧を落とすというのも、これまた当たり前です。

化粧をしたまま寝たりなんかしたら肌はボロボロになるに決まってますし、何より化粧をしたまま寝ると本当に休まっている気がしません。

でも私がどうしても譲れないというのは、朝から化粧をして出かけて昼過ぎくらいには帰ってきた時のことです。その帰ってきた瞬間に化粧を落とさずに、夜まで化粧をしたままにしておくんです。どこに出かけるでもなく、誰に会うこともなかったとしても、落とさないんです。というか、落とせないんです。だってもったいないじゃないですか。せっかく、綺麗にしているのに、化粧品をしっかり使っているのに、もう誰にも会わないという理由だけで早々と落としてしまうのは。
だからお風呂まで、寝るまで落とさないんです。

もしかして、こんなことにこだわるのは私が極度の貧乏性なんでしょうか。そうだとしても譲れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です