嘘をつくこと。

現在町内会の班長をしています。今日は町内会の役員会でした。
私は班長の中でも1番年齢が若く。その他の班長さん達は自分の母親に近い年齢の方達です。

今日は新年度の新しい役員を決める会でした。新しい班長さん、半分くらい連絡なし欠席の中での役員決めでした。
一応、欠席の場合には一任するということでお手紙は前もって渡してありましたので、欠席者がいても役員決めがはじまりました。

新しい班長さん同士で話し合っても案の定会長さんだけが決まらなくて、なぜか我が家のお隣りさんのMさんが会長に話し合いで決められてしまいました。ちなみにMさんは欠席です。

Mさん本人に会長になったことを伝えてほしいと町内会のオバサン達に頼まれ…

「話し合いで決まったことをMさんに伝えればいいのですね!」
と聞いたら、あみだくじで決まったことにして言ってほしいと言われました。
それを聞いて私も大人げなくイライラしてしまい、
「あみだもしてないのに、あみだで決めたなんてウソは言えません」
とハッキリ発言してしまいました。

ある人に「そんなこと言ってたら、来ない人は会長にならないなんて、これから先みんな役員会に来なくていいと思うようになるよ!言えばいいんだよ!あみだで決まったって‼」と言われました。
みんなの冷たい視線を感じながらも、
それでも私は、
「じゃあ来てない人はMさんだけですか?あみだで平等に決まるなら分かりますがウソをついて、あみだで決まったとは私は言えません!」と。

若いものは黙れ!と言われてるような視線が恐ろしすぎて悲しすぎて、涙が出てきてしまいました。
マスクをしていたからバレずに済んだと思いますが。

私だって、来ない人は一任しているのだろうし欠席者から会長を出すことに反対はありません。でも、欠席者の中からあみだで公平に決めたらいいのになと思っただけです。

ウソをつくのは自分が嫌でした。

でも、自宅に帰って冷静になった今、大人なら嘘を上手につかってMさんを会長にさせるのが大人の正しい行動だったのかなと思ってみたり、
自分が子供すぎたのかなと考えてしまったり、訳がわからなくなってしまいました。
どちらが正しい行動だったのかが分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です