思春期ニキビと大人ニキビのスキンケア差別化

ニキビに悩まされる事は一生のうちたくさんあります。中学生や高校生の思春期に悩まされるニキビは脂っぽいTゾーン中心にできます。

ケアしやきゃという事よりも思わず潰して跡になるケースも少なくないようです。そんな学生時代のケアは何と言っても洗顔中心に清潔、過剰皮脂の抑制ケアでした。

ホルモンバランスが安定してくると時期的に安定するニキビです。ニキビに悩まされなくなり安心していると顎周辺になぜか繰り返しできるニキビに気づきます。

30代も過ぎた頃に今更と感じて思春期の時と同じようなニキビケアを再開する人もいます。実はこれが落とし穴で、間違ったケアをする事になります。

10代~20代にできる思春期ニキビのメカニズムと30代でできる大人ニキビのメカニズムや要因は違うからです。そうなると必然的にケア方法や基礎ケアの種類も違うものを使う必要があるのです。

思春期ニキビには過剰皮脂を抑えるスキンケアを、大人ニキビにはホルモンバランスをコントロールして同時に水分補給もしっかりしてあげる事が大切です。ホルモンバランスの乱れは女性特有のものなので食生活などと併用してスキンケアも見直す必要があるのです。

生理前や更年期などの時期は益々、大人ニキビのリスクは高まります。

どの洗顔料を買えば良いのか迷ってしまったり、わからないという方は「ニキビ洗顔」のサイトが参考になると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です