眼鏡屋さんの店員さんたち・・

私は、神戸市在住の40代の男性です。いつも三ノ宮駅で、神戸市営地下鉄からJRに乗り換えて通勤しています。

先日、三ノ宮駅で降りてJRに乗り換えるためにホームを歩いている時に、半分眠っていたのか壁にぶち当たり眼鏡のフレームが折れてしまいました。反対側の線路側に落ちなくて、良かったです。

落ち方によっては、大けがするところでした。結局その日は眼鏡なしで、仕事をしました。眼鏡がなくても、日常生活を送ろうと思えば送れます。

着替えの眼鏡を持っていたのですが、あまり好みではありませんでした。そこで、新しい眼鏡を買うことにしました。某有名チェーン店で、処方箋はなかったのですが持っている眼鏡で度数を測ってもらって、新しい眼鏡を購入しました。前面は青いフレームで、柄の内側にはガラがありオシャレな感じで、とても気に入っています。

その時に、女性の店員さんに素朴な疑問を投げかけました。

「眼鏡屋さんの店員さんは、皆眼鏡を掛けているけれど、店員さんになるためには視力が悪い人しかなれないのですか?」かえってきた答えは「いや、そうではありません。中には、伊達メガネのひともいますよ。だから、視力の良い人でも店員になれますよ」とのことでした。

長年(?)の疑問が、晴れました。今、コンタクトにしようか検討中です。理由の一つに、「○○さんは、眼鏡を外すとイケメンですね」と言われたことです(笑)。