Kindle for PC

タブレットを持ち歩いていないとネット(アマゾン)で購入した本が読めない時期がありました。
しかし最近、Kindle for PCというツールが出たらしく、指定したパソコン2台まで、ネットで購入した本を読めるという
便利ツールが出てきました。

紙の色も、白にしたり、セピア色にしたり、黒にしたり
画面の明るさも変更できたりと、至れり尽くせりです。
部屋の中で、タブレット片手に・・・・。バッテリを気にしながら・・・・。
というストレスからも解放され、画面を見ながら、マウス「カチカチ」だけで本が読める事の素晴らしさ。
本のレビューも付いて、どんな感じの本か・読み応えはあるのかも、購入前に把握できます。

今までのタブレットを片手に・・・。のやり方も良かったですが、「何となく使い心地が悪かった」
けれども、今度のKindle for PCは完璧!
読書がより一層楽しいモノに変化しそうです。

寂しい事ですが、紙媒体の書籍は、専門書でも無い限り、終わりつつあるコンテンツなのかもしれません。
全国の書店も、一日に一件のペースで潰れて行っているという話も聞きます。
ユーザにとっては、こういうツールが出る事は嬉しいのですが
古き良き時代を懐かしむ方々にとっては、何でもかんでも「デジタル」に移行するというのは
多少の抵抗があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です